人気ライブドアブロガーの
きくこさんの先日の記事を読んで、
▼こちら


改めて多言語環境での
子供の言語問題について考えました。

国際結婚の場合、
どちらの国に住んでるかによって

どうしても子供の言葉に
偏りが出てきますよね…。

思うに母親との
コミュニケーション
タイムが長い場合、

母親の母国語の比重が
大きくなるでしょうね。

さらに我が家の場合は
日本に住んでるので、
日本語が中心になるん
だろうなと思います。

しかし実際にコグマを
囲む言語は、4言語になるので
(日本語、英語、ヒンディー語、クマの地元の言葉)

全部やろうとすると
どれも中途半端に
なりそうな予感しかないです…。


マルチリンガルで育てている皆さんは
どうやってやっているんでしょう!?

きくこさんとこみたいに、
時々はインドに長期滞在させて、
インドの言葉も出来るようにしないと…。


さて悩んでも仕方ないのですが、

まだコグマは9ヶ月なので
喃語しか話せ(?)ません。

今日はその記事。

0CD8BC97-BE72-46DE-9AF9-2545C726A2AB


















DC5B00EA-5979-4789-B83E-23E6CC9B237B


















5211AA3F-5195-4759-8939-93C6D5C03055


















802AEC10-40A6-4579-84D6-7C9F6D91F502




















「パパ」って……

言いにくくね?



翌日から「パパ」を禁句にして、
ひたすら「ママ」を仕込んだのは
言うまでもありません。
(シャケ子は心が狭いので)

▼きくこさんのブログは、
 育児だけじゃなくて
 フランスの文化の勉強にもなるよ!


おしまい。


▼リンク
AA0C8D18-679D-4702-90D4-C87D71588012 81A685C3-1D3A-4E21-9F24-226B4ADA7929 76C41257-0AFE-41A0-A39B-6B3200449896

 

▼ブログランキング参加中!


にほんブログ村 にほんブログ村へ


最後まで読んでくれて、
ありがとうございます!