ナマステー。

インドのディワリ(10/27)の翌々日、
10/29はBhai dooj(バイドージ)という
同じくヒンドゥー教徒の兄弟姉妹
イベントがありました。

以前ラーキー(ラクシャバンダンともいう)という兄弟が姉妹を守る誓いを立てるイベントがあると8/15の記事で描いたのですが、


これはその昔、戦いに行く直前に姉妹から兵士となる兄弟へ贈られたものらしいです。

2ヶ月後となる今(今年は10/29)、
無事に生還した兄弟を改めて姉妹が祝うのが
Bhai dooj(バイドージ)だそうです。

クマとインド実家に帰省しているので、
近くで見ることが出来ました。

頭に乗ってるのは白いハンカチです。
D9109DCC-C9E4-4385-9205-7E001010F995

サフランライスをおでこにつけて、
お菓子を食べさせます。

インドってゆうかヒンドゥー教って
......なんか思うんですけど


やたらとイベント
多いよな!


クマんちはクリスマスまでやってるし、

なんかもう

年中お祭り騒ぎ

ですよね。


夜遅くまで子供達も起きて、
みんなでひたすらおしゃべりしてるし。

オープンに喧嘩もするし。

声でかいし。

プライバシーとか基本ないし。

夜遅くまで突然庭で騒ぎ出すし。

てか早く寝てくれ。

そんなにしゃべりたいなら
昼間しゃべればいいのに....。
(昼はのんびりしている。謎)

シャケ子は毎回帰省するたびに、
結構疲れます。精神的に❤️

クマの家族はみんな楽しくて明るくて
好きなんですけど、コミュニケーションが
密すぎて日本人のシャケ子には
長期滞在は結構ぐったりきます。

例えばシャケ子は、ヒンディー語も
クマの地元の言葉も話せません。
(食べる、座る、水とか最低限と
悪口は何故か分かりますが....)

わからない言葉を何時間も聞き
続けるのって、意外とタフです。

たまに突然英語で話題を振られるんですけど、インドイングリッシュって、なまってて一瞬英語と認識できず💦

更にクマも帰省した喜びで、シャケ子に翻訳もしてくれないし.....クマの友達はシャケ子のために英語で話してくれているのにクマは地元の言葉で話してるし、

クマに対する不満も募る。
それがインド帰省。

そんなこと考えてるうちに、
また熱を出して寝込んだシャケ子でした。

ママにインドのお粥、
キチュリ作ってもらったよー。

IMG_4692

豆とインディカ米にガーリックと
ジンジャーをちょいと入れて、
おかゆ状に煮込んだもの。

味付けは塩とギー(バター)のみ。

素朴でとても美味しい!

なかなか熱が下がらず、
丸一日半寝込んでしまいましたが、
インドの薬を飲んでみたら
一気に熱が上がって下がりました!

ちょっと怖いけどよく効いた....

いつもなら熱出すとコグマのお世話で
大変ですが、今は家族が山ほどいる環境で
寝込んだので、うるさくて大変とは言っても
みんながコグマを見てくれたので.......

結論
感謝しかないな!!!
(現金なやつ!)


Instagramでインド旅行のストーリー配信中です
フォローミー!

C45B2509-6599-4B38-82B4-C4F9191FFFA2

▼読者登録もよろしくお願いします!
8E0F1289-C138-455C-A79C-8B6896598B1F 

ブログランキングに参加しています。クリック(投票)お願いします


にほんブログ村 にほんブログ村へ