登場人物

シャケ子: コーヒー大好きな日本人。
クマ: 紅茶が大好きなインド人夫。
コグマ: 生後8ヶ月の息子。

3人で日本に住んでるよ!



A988BB2F-0D4A-4F4D-9314-D2A2A4EB6C5E


















6AD0608B-F636-4804-AECD-815C1AF491AB


















1E13AF9A-70AB-40EF-B2BD-7AD723201ED3


















インドと言えば、ミルクティーに
スパイスが入ったチャイが定番ですが、

コーヒーも結構飲みます。

ただし甘い。
そしてめっちゃミルク入ってる


インドの実家だと、

①水:ミルク=
 1:3くらいの割合で沸騰させ
②インスタントコーヒー
 (アメリカンより薄め)を加え
③砂糖をどっぷり加え
④ハンドミキサーで混ぜます
(何故かは不明。昔は溶けなかった?)

カプチーノみたいな、
っていうかカプチーノ?が
「ホットコーヒー」として冬に出てきます。

美味しいよ。甘いけど。

インドのコーヒーといえば、
私がインド映画の中でも大好きな映画
「マダムインニューヨーク」
でも何度か出てきます。

ちょっとだけネタバレしてしまうので、
ネタバレ嫌いな人は読まないでね。






英語が出来ないことがコンプレックスの
主人公であるインド人マダムが、

慣れないニューヨークで1人
コーヒーを注文する時のシーン。


性格きつめのカフェ店員さんに
「どのコーヒーが飲みたいの?」
って英語で聞かれるんですけど、

英語が分からないので、
「ネスカフェ(ネスコーヒー)」
って言うんですよ。

店員は「ネスコーヒー=ナイスコーヒー」
つまり
「ナイスなコーヒーください」って
言っているのかと思って、

「はぁ!?」と、超イライラして
主人公マダムに冷たくあたる………

っていう泣けるシーンがあるんですけど、

そう、インドではネスレのネスカフェ
=コーヒー!みたいな独占市場。

この映画、1人の大人の女性の
成長ストーリーとしても
大変オススメ映画なのですが、

所々に「コーヒー」の
キーワードが出てきます。

自分に自信がなくなったり、
元気になりたい時に観たい映画No.1です。

良かったら是非見てください!

▼予告編(日本語字幕)


優しい気持ちになれるよ。

シャケ子は毎回泣くけどね。
(英語が出来ない主人公が、子供にバカにされる
 シーンとか未来の自分とかぶって泣けるw)

▼該当コーヒーのシーン(※英語)


おしまい。

▼リンク作成しました!
AA0C8D18-679D-4702-90D4-C87D71588012 81A685C3-1D3A-4E21-9F24-226B4ADA7929 76C41257-0AFE-41A0-A39B-6B3200449896

▼新着通知がLINEでいくよ!
8E0F1289-C138-455C-A79C-8B6896598B1F

 ▼ブログランキング参加中!


にほんブログ村 にほんブログ村へ


最後まで読んでくれて、
ありがとうございます!